ハッカソンとは

ハッカソンとは、プログラマーやデザイナーなどが一堂に集まって、短期間で一気に作業を行う開発手法です。

一般的には、主催企業や団体が、あるテーマや目的に沿ってエンジニアやデザイナーを集め、チーム分けを行い、その結果制作されたプロトタイプを発表し合い、表彰するといった企画開発コンペです。
ハッカソンが行われる目的は、大きく分類して「自社による製品・サービス開発」と「外部巻き込みによる製品・サービスのエコシステム拡大」が挙げられます。

自社による製品・サービス開発目的

主に社内のメンバーによって、既存事業・新事業における新製品を開発、または製品改良に利用。フェイスブック社などでは創業時から行っており「いいね!」や「タイムライン」といった主要な機能はハッカソンから生まれています。

外部巻き込みによる製品・サービスのエコシステム拡大目的

例えば、既存のウェブサービスを動かすための仕組みであるAPIの利用促進などに利用。 賞金などのインセンティブを受け取れるイベントとして開催することで、外部のプログラマーに対して、自社APIの利用を促すことができます。

弊社の技術者向けイベント開催実績(2008年〜2014年)

技術者向けイベント開催 74回以上

技術者向けイベント参加者 のべ3460人以上

ハッカソン開催 15回以上

ハッカソン主催代行 10回以上

開催イベント例

  • 関東Firefox OS勉強会
  • Swift勉強会
  • 関東ゼロからはじめるR言語勉強会
  • enchant.js勉強会
  • A3直前!NFCLab 追い込みハッカソン
  • NFCLab 浜松勉強会
  • SHARPハッカソン@東広島
  • NFCハッカソン
  • Androidアプリケーション、デザイナとプログラマのハッカソン
  • Android FeliCa-thon 2010 in Osaka
  • FeliCaハッカソン

目的を達成する3つのメソッド

ハンズオン

使ってもらいたい技術を実際に体験いただきながら説明を行います。

アイデアソン

開発者、デザイナー、一般の方などが一緒になってアイデアを出し合います。

ハッカソン

開発者はプログラミング、デザイナーはデザインと分業しながらプロトタイプを作成していきます。

プラン例

各プランのスケジュール

料金プラン

基本セット

  • プロデュース
  • スケジュール策定
  • 告知・プロモート
  • 事前準備(打ち合わせ等)
  • 当日運営2名(8:00〜20:00)
  • アンケート・レポート
  • 小規模 80万円
  • 中規模 100万円
  • 大規模 150万円

オプション

  • 会場手配 3万円(会場の実費用は別途)
  • 登壇者出演手配 6万円〜(登壇料は別途)
  • 追加スタッフ / チューター 6万円/人日
    ※ハンズオンの場合参加人数の1/4のスタッフ、ハッカソン、アイデアソンの場合1/10の数のスタッフが必要です。
  • 深夜対応(20:00〜翌9:00) 12万円/人日
  • 景品手配 3万円(景品の実費用は別途)
  • ケータリング手配 3万円(ケータリングの実費用は別途)
  • 無線LANスポット 1万円/日
  • ノートPC 15万円/10台日
  • 映像ストリーム配信 6万円/日

セット例

セット例1

中規模(2日間)で、参加者30名想定、都内で行う場合

  • 基本セット(中規模)
  • 会場手配
  • 会場料金
  • 登壇者出演手配
  • 登壇者出演料(1名)
  • 登壇者交通費
  • 登壇者宿泊費
  • チューター(1日目)
  • チューター(2日目)
  • 景品手配
  • 景品代金
  • 無線LANスポット
  • イベントレポート

合計2,240,000円

セット例2

大規模(3日間)で、ハンズオン30名、アイデアソン・ハッカソン100名想定、都内で行う場合

  • 基本セット(大規模)
  • 会場手配
  • 会場料金
  • 登壇者出演手配
  • 登壇者出演料(3名)
  • 登壇者交通費
  • 登壇者宿泊費
  • チューター(1日目)
  • チューター(2日目)
  • チューター(3日目)
  • 景品手配
  • 景品代金
  • 無線LANスポット
  • イベントレポート

合計4,400,000円

ご相談、お見積もりのご依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

関連項目

コンテンツ企画・デザイン

コンテンツ企画・デザイン

最新技術を利用した企画。ユーザー体験を向上させるデザインとグラフィックス。コンテンツ面でのサポートもお任せ下さい。

Google Quest

Google Quest

Google様のオフィシャルイベント「think with Google」のイベントシステム開発を担当しました。

NFC QUEST

NFC QUEST

スタンプラリーにロールプレイングゲームの要素を取り入れたユーザー参加型イベントゲーム!